2006年09月28日

アメリカ・ノーフィアー

bs05-11.jpg

ハヤブサが「YELL〜君に届くように〜」を歌い終わると、ニュー・アルハンブラアリーナはファンのスタンディングオベーションと、そして大"Ha〜Ya〜Bu〜Sa!! チャッ! チャッ! チャチャチャ!"コールに包まれました。

実は、ハヤブサが会場で歌うことについて、意地悪なファン達のブーイングがあったらどうしよう?・・と現地プロモーターはかなり気を使っていたらしく、それでベビーフェース(善玉)軍団を一緒にハヤブサの傍らにつけたそうなのです。

会場に集まるファン気質の荒っぽさと、この地域の治安の悪さは、フィラデルフィア入りした、前日に、ハヤブサからも聞かされていました。
「100ドル以上持っていたら、ピストルで撃たれても仕方がない」
「カメラなんてもっての他ですナ♪」
・・何か、私がビビッているのを見て喜んでいるようでしたが(笑)。

でも、アリーナの観客達はとてもエキサイティングに、そして温かに迎え入れてくれました。本当に良かった・・!

bs05-16.jpg

再び試合が始まりました。何だか分かり辛いですが、とにかく危険な事をしています(笑)。

bs05-15.jpg

これも分かりにくくてすみません。百数十キロの大男達が、助走つけて思いっきりフェンスに激突!・・フェンスは最前列にいた私の両膝を力いっぱい打ちつけ、カメラを構えた姿勢のまま、私は椅子ごと50センチも後ろにスライドしてしまいました。両膝に青痣が出来、翌日からまともに歩けなくなりました(笑)。

日本でプロレス観戦していても、さすがに恐怖を感じたことはありませんでしたが、右も左も分からぬ海外で、表情の読めない外国人(向こうもそうでしょうけど)に囲まれて、しかももともとビビッていた事もあり(笑)、怪獣のようなレスラーが目の前で大暴れしているのは正直怖かったです。
この記事へのコメント
TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
本場の大男達の戦いぶりは、迫力満点だったでしょう!
私もみてみたいな〜〜。
Posted by なんちゃってフォトグラファー at 2006年09月29日 00:37
TITLE:
SECRET: 0
PASS: 96b2dab4dc9f458bbfcc93ed6f98e99e
独特の緊張感があって、すごく楽しめましたよ。
・・1人で行けといわれたら怖くて無理ですけど(笑)。
Posted by bonso at 2006年09月29日 01:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。