2006年10月20日

リック・フレアー

bs08-09.jpg

"狂乱の貴公子""ネイチャーボーイ"リック・フレアー。'80年代、当時世界最高峰の権威と歴史を誇っていた"NWA"のチャンピオンとして、故・ジャンボ鶴田らの挑戦を退け君臨していた、昭和ビッグ・レスラーの大物中の大物です。・・"超人"ハルク・ホーガンに続いて、私のようなオールドファンにはたまらないプレゼントの連続でした(笑)。

若いカクタス・ジャックに有刺鉄線バットを振り下ろすフレアー。そろそろ60歳にもなろうという元NWAチャンピオンが、"汚れマッチ"ともいえるハードコア・プロレスに挑んだ事に、驚きと感動を覚えました。

bs08-07.jpg

デスマッチの名手・カクタスジャックのボディスラムで、画ビョウの山に叩き落されたフレアー(1枚目の写真でフレアーの背中、腰、肘、膝に光っているモノは、画ビョウです)。頑張れ、フレアー!!
この記事へのコメント
TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
昨日のハルクホーガンといい、リックフレアといい、羨ましい!60歳か〜。
皆年とりますね〜。
Posted by なんちゃってフォトグラファー at 2006年10月20日 23:14
TITLE:
SECRET: 0
PASS: 96b2dab4dc9f458bbfcc93ed6f98e99e
今回の観戦ツアーで最も思い出に残った試合は、このフレアーのデスマッチでした。やっぱりレスラーは夢と勇気を与えてくれますね!
Posted by bonso at 2006年10月20日 23:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。